黄ばみをホワイトニングで白くする

歯周病で歯茎が減ってしまうこと

数年前から歯科に通っていますが、一度は歯のレントゲンを撮り、その状況を私に見せて説明をしてくれました。どうも歯周病が影響して歯の並びも悪くなってきているということです。まずは、歯周ポケットに溜まっているプラークを除去して、出血の状況を止めることが先決となったのです。

 

歯周ポケットに歯周病菌が繁殖していくと、歯肉といわれる歯茎の部分が段々と浸食されていき少なくなっていきます。歯を見てみると歯茎が段々と少なくなっていく状況なので、歯の根元部分が見えてグラグラしてくるという状況になってくるのです。
色々詳しく教えます世田谷区 小児歯科が良いですよ!

 

既に減ってしまった歯肉は、元に戻らないと思っていましたが、正しいブラッシングを続けていると歯肉は元の状態まで回復することがあるそうなのです。習慣的に歯周病が悪化してきた状態なので、これを改善に向かう為に習慣を変えるというのはかなりの努力が必要です。

 

継続して歯周病菌を除去する事によって、正常な歯茎に戻すために努力が必要となります。