黄ばみをホワイトニングで白くする

厄除けについて思うこと

 日本には、自分に降りかかるであろう災厄をふり払う厄除けという儀式があります。不確かな点がありましたら厄除けでサポートします。
それは、お寺や神社に赴き、厄除けをしてもらうことによって、その年を無事に過ごせるようにするということです。迷ったら厄払いで相談しましょう。

 

 

 私は男性ですので、 この厄除けを最も意識しなければならないのはやはり本厄である42歳なったときだと思います。私は、まだ30代前半ですから、それまでにはあと10年近くあるわけですが、それでも本厄のときには「きちんと厄除けをしてもらわなければいけないぞ」という意識がすでに強く心にあります。よく知らない場合は厄除けの大阪ご連絡を!

 

 

 固定観念なのかもしれませんが、40代になってから2年が過ぎた42歳という年齢の男性は、やはり私の周りでも病気などの体調不良を訴えかける人が多い気がしています。ですから、やはり事前に厄除けをしておくことで、そういった身の不幸を少しでも遠ざけなければいけないと私は思っています。
よくわからない場合は厄除けの兵庫ご一報を!

 

 

 また、厄除けは特に厄年だけに限ってするものではなく、いつしても良いそうですから、これからはもう少し厄除けに対する意識を高めたいと私は思っています。
お悩みならば厄年にお伝え下さい。